ニューヨークで留学!

皆さんご存じの通り、ニューヨークはアメリカの中の大都会。

ビックアップルという愛称で知られており、まさにアメリカ経済、文化の中心地であり
世界中からアメリカンドリームを求めて人々が集まります。

ニューヨークは現在人口が約800万人で、世界中から様々な人種が集まる、まさに人種のるつぼです。
そんなエキサイティングなまちニューヨークで留学するということは、かけがえのない財産になることと思います。

様々なバックグラウンドを持った人々に出会い、そんな人々と出会う中で
自分の価値観がどれだけちっぽけだったかと気づくはずです。

英語の面で言うと、ニューヨークは大都会ですから、皆忙しくしているせいか早口の傾向があります。
きっとそんなニューヨークでもまれたあなたの英語力は今より格段にアップするに違いないでしょう。

なお、TOEICの文法参考書はこちら

http://xn--toeic-8n8hm57hnoc6yt5w0c.com/entry2.html

子供英会話、続けてよかった!

文部科学省によると、2020年までに小学校3年生から英語活動を開始
5、6年生で教科として週3コマを目指すと発表しましたね。

今後ますます英語力が重視される傾向になるのはもちろん
子供向け英会話スクールなどが増えるのは各確実ですね。

我が家の小学3年生になった息子は、近くに英会話スクールのようなものは無いため
自宅で毎月教材を中心に英語をお勉強しています。

小学1年生から始め、何とか続けてここまできました。
はじめのころは飽きが見られたりと心配しましたが
英語は続けることで結果が出ると信じていたので退会は一切考えませんでした。

そしてやめなかったことが今大正解だったと実感しています。
最近になって今まで習った英語のフレーズが自然と口から出てくるのです。
しかもいい発音で!

やはり子供の頭の中はスポンジのようなんだと感動しました。
皆さん英語をはじめてみたけれど、効果が感じられないからやめようかどうか考えている方がいらっしゃったら
どうか続ける方向で考えてみてください。親が思っている以上に子供は吸収していますよ。

→TOEFLのリスニングを克服する方法。

http://xn--toefl-5o4d9bzhnlid.biz/entry2.html

英文法を学べるアプリ

最近ではスマホのアプリが充実してきて、
英会話関連でも、たくさんアプリが出てきてますね!

では英文法が苦手という人のための、
英文法を学べるアプリってあるんでしょうか。

調べてみたところ、
たくさんの英文法に関するアプリがありました。
その中でも注目なのは、
「ロイヤル英文法改定新版」というアプリです。

「ロイヤル英文法改定新版」は、
もともと書籍で売っているものをアプリにしたもので、
値段も1600円するので、
アプリとしてはだいぶ高価だと感じる人も多いでしょう。

しかしこの「ロイヤル英文法」という本、
実は英文法の決定版といわれるほど有名な書籍で、
25年以上前に発売されたにも関わらず、
いまだに英文法書の中ではトップクラスの人気を誇っています。

本気で英文法を学びたい人には、
決して高くない買い物と言えるのではないでしょうか。

PR:初心者がFXを始めるならこれがおすすめ